保存だけではない、美しい万能容器、野田琺瑯 White Seriesをご紹介します。

琺瑯(ほうろう)とは、鉄にガラス質の釉薬を焼き付けたもので、熱伝導性が高いのが特徴。私が愛用するル・クルーゼのお鍋たちも、ほうろう鍋です。

野田琺瑯さんは、1934年創業の琺瑯メーカーさんで、日本で唯一全ての製造工程を国内で行っています。創業当初から琺瑯製品一筋で行ってきていらっしゃいますが、今回ご紹介するWhite Seriesが販売開始されたのは2003年。それまでの、ほうろう容器はカラフルなもの、というイメージを一新し、白く食材が映えるシンプルなほうろう容器が誕生したのです。


においがつかず、お手入れが簡単

ほうろう保存容器の一番の利点は、「においがつかない」ではないでしょうか。私は、もともと安価なプラスチック製の保存容器を多く使っていましたが、カレーなどのスパイス、にんにくなどのにおいが強いお料理や油っこいお料理を入れると、においがついたり、色がついたりしてしまっていました。

ほうろう保存容器は、お料理のにおいがつく心配がなく、冷蔵庫での保存はもちろん、冷凍庫での保存は、食材に冷凍庫特有のにおいがつくことも防いでくれます。また、表面がガラスで非密着性が高いため、油っこいお料理でも簡単に洗いながすことができます。

デフォルトでついてくる蓋は密閉性がなく外れやすいので、汁物の保存や冷凍保存には、密閉蓋がおすすめです。


直火調理・オーブン調理が可能

ほうろう保存容器は電子レンジで使用することができませんが、直火調理が可能なので、私のように電子レンジの使用を控えようとおもっている人にとっては逆にいいかもしれません。余ったスープなどを保存して、食べたい時には、そのまま火にかけて温めればOKなのです。

熱伝導性の高いほうろう容器は、食材を調味料などと和えて、火にかけて普通に調理器具として使用してもいいと思います。その場合は、ほうろう蓋があると便利ですね。


食材を入れたほうろう容器を深めのフライパンに入れて、お水を沸騰させてフライパンの蓋をすれば、蒸し器なしで簡単に蒸し料理もできますよ。

直火調理だけではなく、オーブン調理も可能なので、お野菜を油とお塩で和えてローストベジタブルを作ってもいいですし、パンやお菓子の型としても使用できます。浅型であれば、魚焼きグリルに入れて焼き物調理をしてもいいですね。

とにかく美しい

野田琺瑯さんの製品は、真っ白なデザインもさることながら、職人さんが一つひとつ手作業で作っていらっしゃるので細部まで仕上がりが綺麗で、とにかく美しいです。

美しい容器に保存すると、残り物も何だか美味しそうに見えてしまうから不思議。私は、残り物を保存して、温めて、そのまま食卓に器として並べます。洗い物も一つで済んで、一石二鳥ですね。

野田琺瑯 White Seriesは、他の保存容器に比べてやはりお値段がするので、私も長い間「どうなんだろう…」と思っていたのですが、実際に使ってみると本当に素晴らしい製品でとても気に入っています。他にもほうろう保存容器はありますが、琺瑯蓋のオプションがあったり、何よりも、全工程国内生産というところが、carbon footprintを考えた時にエコでとてもいいと思います。

是非、使いやすいサイズのものを一つ購入して試してみてください。